地盤調査 について

こんにちは。

福井で 【地盤改良】【地盤補強】【地盤調査】【液状化対策】 を行っておりますABコーポレーションです。

今回は、なぜ地盤調査が必要なのか地盤調査というのはどのうなことをおこなっているのかお話したいと思います。

なぜ地盤調査が必要なのか

建物を建てる前に、まずは地盤「調査」が必要です。
どんなに耐震性能の高い建物を建てたとしても、それを支える地盤が弱ければ、時間が経過するにつれ地盤沈下が起こったり、地震の際に土地が液状化したりして建物が倒壊する危険性が高まります。

建物が傾くことで、窓やドアが開きづらくなったり基礎や外壁にひびが入ったりします。さらに、すきま風や傾きが生じることで生活に不調をきたす場合があります。

安心して生活するため、建物を建てる前に地盤の調査を行い、必要に応じて改良を行うことが必要です。

地盤調査について

 では、地盤調査にはどんな方法があるのでしょうか。

スウェーデン式サウンディング試験

ボーリング調査

建物の四隅と中央の計5カ所の強度を調査する。

先端がスクリュー状になっている鉄の棒を地面に立てます。その棒の上におもりを少しずつ載せながら地面にねじ込み、25cm貫入する重さを記録する。

100kg載せても貫入しなかったら棒に備わっているハンドルを回転させ、やはり25cm貫入させるのに要した回転数を記録。こうして得られた重りの重量や回転数から地盤の強度を算出する。

調査コストもリーズナブルで、導入しやすいのが特徴。

支持層と呼ばれる強固な地層に達するまでボーリング(くりぬくこと)しながら、鉄の筒状部品を自然落下させながら地中に埋めていき、30cm地中にめり込ませるのに要した打撃数をもとに、地盤を計測する方法です。値を測ると同時にると、地層のサンプルを取ることで地盤の強度のほかに、地下の水が流れる層の位置や、地盤が横にどれだけ動くかなどがわかる。

多くの地盤調査に利用されていて、実績も豊富にあるため、データの信頼性が高く、その分調査コストも高いのが特徴。


設計しようとしている建物の重さに地盤が耐えられるかどうかは見ただけでは分かりません。

地地盤調査を実施することにによって、数値として知ることができます。

地盤調査の結果を得ることで、見合った基礎の仕様を決定できるようになります。