地盤補強の種類編

表層改良

弱い地盤が浅い場合に用いる。

建物の下の地盤にセメントを入れて攪拌しながら混ぜ込んで、地盤自体を強くする方法。

➡約2M程度の地盤に有効

柱状改良

弱い地盤が深い場合に用いる。

安定した地盤までセメントミルク(セメント系固化剤と水を混ぜたもの)を注入して柱状に固める方法

➡約2M~6M程度の地盤に有効

鋼管杭

柱状改良では対応できない深さのときに用いる。

支持層に到達した金属製の鋼管により、建物を支える方法。

非常に深い層まで杭を届かせることができるので、コンクリートの住宅やマンションで施工されることが多い。

➡約15Mぐらいまでの地盤に有効

近年【セメント】【土】を混ぜると化学反応を起こし【六価クロム】という有害物質が発生する危険性があるといわれています。

【六価クロム】  アスベストと並ぶ発ガン性物質のひとつ

「エコな地盤補強」をABコーポレーションは提案しています

 
木材を使った地盤改良

➡詳しく見てみる