アルファベットのHの形をしたコンクリート杭(パイル)のことをH型PCパイルといいます。

丸型ではなく、H型にすることで、摩擦が大きくなり支える力が強くなります。

H型PCパイル 工法

約20センチ角のコンクリートパイルは、曲げや押しに強く、

取り扱い時におけるクラックの心配がない丈夫なパイルです。

高いコンクリートの圧縮強度で耐衝撃性にも優れています。

認定工場でしか生産していない、安心した品質のパイルが材料になります。

H型PCパイルについて

環境にやさしい

セメントを現地で使用しません。

セメントを作る際に発生する【六価クロム】による土壌汚染や地下汚染の心配がありません。

また、パイルを圧入する工法なので残土がほとんど発生しません。

周りの環境にやさしい

柱状改良はセメント系固化材を現地で使用するため粉塵が舞い近隣からの苦情などの問題が考えられます。

*柱状改良とは➡こちら

しかしH型PCパイルは工場で作ったパイルを持ち込んで圧入しているので、粉塵が舞う心配がありません。