木杭を使用した地盤補強 【環境パイル・環境パイルS 工法】

こんにちは。

福井で【地盤改良】【地盤補強】【地盤調査】【液状化対策】を行っております

ABコーポレーションです。

今日は、エコな【地盤改良】の工法【環境パイル】【環境パイルS】についてお話したいと思います。

環境パイル工法とは、木で家を支える「地盤改良」のひとつで 「防腐」 「防蟻」の 処理を行った材料を使用しております。

円柱状に成形した木材を圧入専用重機にて地盤中に無回転で圧入し、これを地盤補強材として利用する工法です。

環境パイル 工法

杭の力で支える工法

地盤が弱いところでも対応できます

環境パイル(S) 工法

杭の力ともともと持っている地盤の力の両方で支える工法

環境パイルより木杭の本数を少なくできます

環境パイル・環境パイルSについて

木材を利用した地盤補強工法として(財)日本建築総合試験所の建築技術性能証明書を開発会社(兼松日産農林株式会社)が地盤業界で初めて取得しており、全国で2000件以上の実績があります。

経験や勘などではなく地盤調査を実施して、必要な杭の長さや杭の本数を決定しているので安心です。

長期耐久性

木材にAQ認証(優良木質建材等認証)を取得している工場で高品質な防腐・防蟻の薬剤を加圧注入しています。

AQ認証とは、(公財)日本住宅・木材技術センターが、AQ制度に基づいて品質性能などを客観的に評価した結果、優良な製品へ出す認証のこと。

そもそもAQとは「Approved Quality(よいと認められた品質)」の頭文字から来ています。
AQ認証を取得しているということは優れた木質建材の証なのです。

土地を選ばない

弱い地盤・有機質土(堆肥のようなもの)でも大丈夫です。

セメントや鉄を用いた地盤改良を木材に置換することにより、
1棟当たりの二酸化炭素を約10t削減でき、施工材料による六価クロム等の環境汚染の心配もありません。
また、地場の木材も利用できるので地産地消への貢献が可能な工法です

数々の認定を受けています

エコマーク

【優良木材質建材等認証】

使用している木杭が、間伐材有効利用として評価され「環境パイル」という形で登録されています。

ウッドデザイン賞

【2015 ライフスタイルデザイン部門】受賞

国産材の積極的な利用を促進していることが評価されました。

ウッドデザイン賞・・・木のよさや価値を再発見させる製品や取り組みについて優れたものを表彰している

木づかい運動

国産材の積極的な利用を通して山を活性化し二酸化炭素をたっぷり吸収する元気な森林づくりを進める運動

環境パイル工法 についてもっと詳しく見てみる

環境パイル工法は、兼松日産農林株式会社が開発した工法です。

➡ 環境パイル工法協会のWEBページへ

ABコーポレーションにいつでも・どんなことでもお問い合わせください。
ABコーポレーションは、福井を起点に、北陸、県内外問わず 【地盤補強】【液状化対策】【地盤調査】を行っております。

お気軽にお問い合わせください。0776-65-1113受付時間 9:00-18:00 [ 土日・祝日除く ]

メールで問い合わせる お見積り・ご相談などこちらから

【環境パイル工法】 施工見学会の記録

環境パイル工法 施工見学会(H.26)

回数開催日開催概要実施報告
第3回H.26.8.25→ 開催概要
第2回H.26.8.9→ 開催概要
第1回H.26.8.6→ 開催概要→ 実施報告
→ 建設工業新聞・掲載記事

環境パイル工法 施工見学会(H.25)

回数開催日開催概要実施報告
第5回H.25.12.10→ 開催概要→ 実施報告
第4回H.25.10.24→ 開催概要→ 実施報告
第3回H.25.8.2→ 開催概要→ 実施報告
第2回H.25.7.16→ 開催概要→ 実施報告
第1回H.25.6.3→ 開催概要→ 建設工業新聞・掲載記事
→ 福井新聞・掲載記事

東京駅や寺院など歴史的建造物の地盤は、現在も木杭が支えています。
ぜひお気軽にご相談・お問い合わせください。

(※)環境パイル工法は、兼松日産農林株式会社が開発した工法です。

→ 環境パイル工法ならびに木杭を用いた地盤補強工事 施工実績

【8/25 施工見学会】福井県産木杭の「住宅用地盤補強」工事

弊社では県ならびに美山町森林組合のご支援のもと、福井県産の木材(スギ)を用いた地盤補強工事を施工しています。

環境パイル工法(※)の施工見学を開催いたしますので、ぜひご参加下さい。

  • 日 時: 平成26年8月25日(月)
  • 場 所: 福井市板垣 新築工事
  • 杭 長: L=3.0 / 本 数: 30本

★詳細・ご予約は下記までお問い合せください。

(※)環境パイル工法は、兼松日産農林株式会社が開発した工法です。

【8/7 新聞掲載】建設工業新聞~県産杉で住宅地盤を補強

8/6に福井市で開催した環境パイル工法(※)現場施工見学会の記事を掲載頂きました。

8/7掲載・建設工業新聞~県産杉で住宅地盤を補強

→ PDFで読む

タイトル: 県産杉で住宅地盤を補強
掲載日: 平成26年8月7日(木)  掲載紙: 建設工業新聞8面

“難しい現場も大丈夫で耐久性に優れ、さらにコスト削減を図り、地球に優しく森を守るとする特徴点を実際に示した”

“もう1本については液状化対策用として試験的に斜めに打ち込み、今後の研究データに活用を図る”

“取材で作業する重機のそばにいても会話を遮るほどの音はなく、地面からも振動を大して感じることもない静かな現場”

県産材木杭を使った地盤補強工事に、ますますご期待ください!!!

→ 現場見学会 開催報告

【お問い合せ先】
→ HPからお問い合せ(こちらをクリック)
→ 電話: 0776-65-1113 / FAX: 0776-65-0260

(※)環境パイル工法は、兼松日産農林株式会社が開発した工法です。

【8/6 施工見学会】地盤補強工法・現場見学会 第1回 開催

福井県産『木杭』を活用した地盤補強工法」現場見学会の第1回(平成26年度)を、福井市にて開催致しました。住宅用地盤補強工法「環境パイル工法(※)」の施工です。

【施工データ】
工事日:平成26年8月6日(水) / 工事名:A邸 / 場所:福井市
杭長:L=5.0 / 本数:39本

→ 建設工業新聞に掲載されました!

スムーズに、短時間で施工完了することができました。

また工事後には、吉田雅穂氏(福井県木材利用研究会・副会長、福井工業高等専門学校 環境都市工学科・教授)による液状化対策の実験も行いました。
杭の斜め打設に見事成功、木杭の活用分野がますます広がることを示されました。今後の展開に期待しております。

大変暑いなかご来場頂いた皆様、また施工頂いた作業員の皆様、ありがとうございました。

【H26/8/6】地盤補強工法・現場見学会 第1回 開催
【H26/8/6】地盤補強工法・現場見学会 第1回 開催

【H26/8/6】地盤補強工法・現場見学会 第1回 開催
液状化対策の実験~杭を斜めに打ち込むのに成功~

(※)環境パイル工法は、兼松日産農林株式会社が開発した工法です。